「どこからどこまでが百合なのか」について

世の中にはそういうのを特に気にされる方もいらっしゃるようなので、ここらで書いておこうかと思います。

正直申し上げますと、個人的には大して気にしておりません。腐女子間でBL範囲論争はあんまり見聞きしないので、ずっとそのノリやってました。

某テレビアニメに対する反応で「もはやBLではない」という言葉が乱れ飛んだことはありますが、そのあたりに触れるとややこしくなるのでやめておきます。)

結論としては、各人が百合として楽しむか否かにすぎないので、極端な話、百合かどうかを定義づける意味はありません。



まず前提として、各人に好みがあります。



画像1 画像2

百合が学術的に定義されるものではない、娯楽の一形態である以上、このあたりの違いから一端を排除することは困難です。

この点はBLも同じで、ぐちょぐちょが好きな腐女子もいれば、プラトニック的で性描写は軽いキスまでという腐女子もいます。

(一応ブロマンスという言葉もありますが、ピクシブを見るとブロマンスは「BL」に吸収されているようです。)



さて、この広い各人の好みからいかに答えを導き出すかと考えると、結局は「当人が百合を感じたか否か」ということになってしまいます。

そもそも、作品に触れて「楽しかった」「爽快になった」という感情が生まれなければ、娯楽にお金を払う意味がありません。

「世間が評価している。だから私にとっても素晴らしい作品だ」「世間は評価していない。だから私にとってもこれは駄作だ」というのは、論理が破綻しているにすぎません。

…と述べたものの、やはり何事も限度はつきものですので、【あくまで自分基準の精神】と【それを他人に押し付けようとしない精神】が必要と言えば必要ではあります。





ちなみにBL範囲論争がマイナーな論争であるのは、腐女子向けとゲイ向けとで作品スタイルの違いが色濃く、お互いそれを認識しやすいため、「ゲイ向けではないもの」がまるっとBLとして吸収されているのもあります。(最近は互いに近寄ってる感もありますが。)

また、BLは二次創作がメインのジャンルなので、作品そのものにその要素を求められる傾向が強い百合とは単に事情が違うと言えば違います。

二次創作BLのように、作品に対する受け手の解釈を基準にすると何かと楽ですよ、ええ。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 19:23TrackBack(0)Read me first

セファイド(同人漫画)

セファイド
作品内容

卒業間近の娘二人が交際をカミングアウト!
慌てて取り乱す母親と、方や落ち着いて背中を押す母親。
対照的な二人の反応の裏には、こんな物語が...

純愛百合ものです。

28ページの作品です。 ( セファイド


「かもたま酒造」というサークルさんの作品だそうで、当方サークルごと初見です。

年齢指定はR15。(←このブログの規約的に重要)

DLsiteなんかは一目で二次創作か否かよくわからないものが多いのですが、本作はオリジナルのようです(多分)。

なんとなーく、萌えコミックをそろえる前の百合姫百合姉妹)を思い出すノリで、きれいにまとまっていて面白かったです。

どうでもいいですけど、10ページ目が妙に気合入っている気がしたのですが、どっちかというとこういうのを描くのが得意なんでしょうか。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:29TrackBack(0)百合日記

ガレット 感想 (Kindle版・Enty支援無し)

pastries-756601_640s.jpgpixabay
毎回新規記事にするのもなんだか手間に感じてきたので、2号以降はこの記事に追って書くスタイルに変更することにしました。創刊号はこっち


ガレットNo.2 -
ガレットNo.2 -

ということで、第2号です。定価2,143円(税別)らしいのですが、Kindle版は864円と、同人誌相場がきつい人間にも安心の価格でした。

今号も概ね上々の内容でした。昨今の男性向けレーベルから出ている百合漫画で何故か軽視されている“同性同士特有の距離感”を、効果的に用いているように感じました。

また、キャラ設定を先行させてしまうような作品も見当たりません。ひところ昔に、同人出身の作家さんの作品で、その点をよく叩かれたのを記憶しているのですが、そういった稚拙さを感じにくいのが、「上質」といった評価を受ける所以じゃないかなと思います。

ネットを見てると、やはり萌え系好きの男性あたりの感知がいまひとつというのと、書店で現物を買うのが習慣の人の腰が重いという問題点を薄々感じます。前者はともかくとして、後者は今後の課題なのかもしれません。(その点、初めから割り切ってるのかもしれませんけど)

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 10:03TrackBack(0)百合日記

GYAOで「Dance with Devils」一挙配信だ、皆見て(※期限終了しました)



って、ほぼ1日かぎりか。すすめにくぅ~


そういえばこのブログで触れてなかった記憶があるのですが、ダンデビ劇場版決定だそうで、早くも何回劇場に足を運ぶか考え中だったりします。




テレビアニメ版の総集編なのか、リメイクなのか、それとも完全新作なのか、よくわかんないです。葛葉アズナにも出番があるようなので、本当に「どうなるんだろ?」という感じです。



2017年6月5日追記。






ついに詳細来ました!

結局内容はリメイクで、TV版の部分を使って埋め合わせるのかな? 挿入歌全12曲とか、かなり忙しそう。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:20TrackBack(0)百合日記

映画「ゴーストバスターズ」(2016)




Amazonの字幕版。「字幕に問題が~~~」という意見があるかどうかは存じません。


さてさて。「ゴーストバスターズ」ですが、オリジナルはヒット作ではあるものの、製作公開はかなり前だったりするので知らない人もいるのかもしれません。






で、2016年版は、あんまり評価がよくないという話をつまみつつ鑑賞しましたが、まあ低評価も致し方ないかなという内容でした。

楽しかったんですけどね。それでも物足りなさも否めずといったところ。

全編通してコメディ色がかなり強かったのですが、ちょっと皮肉が強すぎるかなという印象でした。

そして、コメディ色が強すぎてヒーロー感が弱いようにも感じられました。もう少し素直に活躍させてあげてもよかったような。

2016年の映画ということを考えると、ゴーストとの戦闘シーンの映像が結構安っぽいように受け取れてしまう面もあり、なんとももやもや。

描写が基本断片的なので、メインキャラクターの関係性に関しては、見ていた評判ほどには感じませんでした。特別悪くもありませんが。

そういったわけで、全体通してボチボチという感想でした。ホルツマンは好きです。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 22:19TrackBack(0)映画




おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン