雑記(2017年9月9日)新刊の話とか、男性向け百合漫画についてとか

最近の新刊ですが、早速百合漫画として広告貼ってるブログなんかあって、「えー」な感じ。webで読んでましたが、百合ではないとは断言できないものの、今のところ百合としては様子見程度でした。

Lily lily rose  (1) (バーズコミックス スピカコレクション) -
Lily lily rose (1) (バーズコミックス スピカコレクション) -  


どっちにしろ、紺野キタ作品を楽しみたい人には安心して楽しめる内容ではありますので、そういう方面で楽しみたい方にはおすすめです。

ちなみにweb連載版はこっち。
Lily lily rose - デンシバーズ http://denshi-birz.com/lily-lily-rose/
(2017年9月9日現在)




最近とある少女漫画を振り返りで読んで思ったのですけど、私の場合、男性向けの百合漫画を読むと、癒されるどころか心が荒むことが判明しました。なんてこった。

さて。この記事ではあえて「男性向けの百合漫画」としたのですが、果たして「男性向けの百合漫画」なるものは本当に存在するのでしょうか?

そのひとつの基準として挙げたいのが、レーベルです。一応ユニセックス的なところもあるような気はしますが、やはり男性をターゲットにしたレーベルからは男性ウケを狙っている可能性は高いはずです。

例えば、『やがて君になる』は電撃コミックNEXTというレーベルから出されています。ラインナップを見る限りでは、やはり男性がメインターゲットだと思います。

ついでに不思議な点として、KADOKAWAといった、最近百合に力を入れている出版社も出てきておりますが、一向に百合レーベルは出しませんね。この頃非オタの一般書店に百合本棚がなかなかできないのは、専門レーベルが無いまま既存レーベルばかりで出しているので、書店員さんが判別できないのが大きいと見てますが、はてさて。



サムネの存在忘れてたので、更にどうでもいい話を追加。


<作品情報>
作品名:『アンダー・ハー・マウス』
作品情報ページ:
【解説】
心身ともにたくましいダラス(エリカ・リンダ―)は、昼間は大工として働き、夜は毎晩のように違う女性と関係を持っては、自分の居場所を探していた。そんなある週末の夜。ネオン輝くバーの片隅で、ダラスは、ファッション誌の編集者として成功するキャリアウーマンのジャスミン(ナタリー・クリル)と永遠の出会いを果たす。情熱的に絡み合うふたりにとって、お互いの愛を確かめ合うのに、時間はかからなかった。しかし、ふたりの蜜月を遮る壁―ジャスミンには結婚を約束した彼氏がいるという、大きな障害があった。

https://www.youtube.com/watch?v=VVPwqEv8Tiw


一応リマインダーに入れておいた映画があるのですが、上映映画館を確認したら、めちゃくちゃマイナーでどうしようかと(;´Д`)

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:26日記ですらない雑記




おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン