雑記(2017年10月1日)あの頃から百合は男性同士の愛へと発展していきましたね

『桜Trick』が完結したそうですね。「え!!あの展開で恋人成立が最終巻なの!?」という驚きのほうが強いですが。



まあ私はこの作品に関して極めて批判的であり、それはブログにおいてもあまり隠してはきませんでした。

率直な感想として「こんなボノボの恋愛の何が楽しいのか!」と思いました。ぶっちゃけた話。

ボノボ―地球上で、一番ヒトに近いサル (Soenshaグリーンブックス) -
ボノボ―地球上で、一番ヒトに近いサル (Soenshaグリーンブックス) -


残念ながらアニメの人気は不調だったようですけど、だいたいこの作品あたりから百合の流れというのが、それまでとは違う方向に偏ったかなと思わなくもありません。

実際に「桜Trick」を「百合を大きく盛り上げた名作」とする人もいるようなので、少なからず影響は強かったらしいです。

とはいえ、この作品の異様な違和感は何か。私にはつかみかねるままでした。

しかし、数年が経ち、とある視覚化された現象が起こったのです。





この“おじさん同士のLINE”の、知性を感じさせない愛情要求全開のネチャネチャ感。

これが男性にとっての理想というのを初めて知って、「ああなるほど、これを百合に持ってくるとああもなるわけじゃないか!」と、衝撃を受けました。

男の人にとっては、「体が欲しい、とにかく欲しい。そして、こっちを否定はしてほしくない」といった調子で表現するのが理想だったのです。

それを長年感じ取れなくて申し訳ないという感であります。

“おじさん同士のLINE”のノリをベースにすると、確かに「桜Trick」は名作であったと思います。恋愛のややこしいいざこざを中和する、ねちゃねちゃとしたセックスが常備されていたのですから。




話はそれますが、夢女子シータは笑いました。



乙女ゲームスカ、めんどくせぇー(笑)。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 21:57日記ですらない雑記

雑記(2017年10月29日)スザク決勝進出おめでとう

「男キャラが強すぎる」「本編シナリオ組が強すぎる」と、某専用掲示板でボロカス言われてた一血卍傑「神総選挙」。女子キャラで唯一、スザクが決勝進出を決めました。おめでとう。

(「性別は無い設定だったはず」だって? そんな死に設定なんて………ゲフンゴフン)





























まあ組み合わせが有利だったかなという感じもありましたが、それでも同率○位をとっても「抽選の結果」で落ちた女子キャラもいるなか、最後の最後で僅差で振り切ったのは快挙だったように思います。

そうかあ、スザクがウケるラインなのかあ。スザクってレア度低くて、ゲームキャラとしては別に強くないんですけどね。







ダンデビの劇場版がもうすぐだー。楽しみだなー。














←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:50日記ですらない雑記

映画「アンダー・ハー・マウス」観てきました。感想レビュー

「主演はユニセックスモデルの美女!」とか「スタッフは全員女性!」とか、まあいろいろとアオリがありましたが、レズビアンメインの映画でした。【R18+】ということでエロエロ。








とりあえず、シナリオは普通でした。「こういう映画を見る人が求めてるものはこんぐらいのレベルじゃないの?」という意味で普通。

ちょいと強引に迫る→押されてやっちゃう→ラブラブ………という、まあわかりやすい展開でございました。

なんとビックリ映画のほぼ半分が濡れ場!という思い切った構成です。好意的に書くなら「大人の恋愛を描く映画」といった感じですが、SNSを見てるとこういうのが好きな人も多そうです。

レズビアンメインの映画に関して脚本の甘さにガッカリすることが非常に多いのですが、ネットの百合好きらしい人の言説を見ると「セックスだ、セックス!論よりセックスするレズ映画バンザイ!」という人もやたら多いので、そういう人には向いてそうな気もします。



ただ、本作に関してはレズビアン物の映画でよくガッカリさせられる、「レズがあるから、それだけでOK」というのを私は感じませんでした。

主人公の「ダラス」は、性愛が先行するキャラクターであることがハッキリしており、本作の流れに違和感はありませんでした。

婚約者である相手の「ジャスミン」は、作中の中盤で、生い立ちのなかでレズビアンの芽があったものの支配的な母に男性と恋愛するよう矯正させられたことを語ります。それ故に、彼女自身が不確かな人間性を持たざるを得なかったことは一種の悲劇であると思います。

(カナダに関してはリベラルなイメージがあったのですが、そういう保守的な考えも強いんですかね。私はよくわかりませんが。)



ラストは、意図的なのか、わかりづらかったですね。結局ジャスミンが婚約を解消したエンドなのかなと思ってしまいましたが、そう思わなかった人もいるようなので、よくわかりません。


それと気になったのが、主人公の「ダラス」はかたくなにペニスバンドを使い続けますが、それはお国柄なんでしょうか? それとも単にスタッフの推しなのでしょうか? どっちにしろこの点は個性の話になるんで、なんとも言えませんが。



個人的にお気に入りのセリフが「男になりたかった?」と訊かれて「自由になりたかった」と返すセリフでした。

超絶どうでもいいですが、ユニセックスが売りの主演の人、胸がけっこう大きくて驚きました…。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 21:30映画




おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン