2011年秋~冬アニメ感想

夏の終わりに始まって年末に終わった作品の感想です。

二期目のは割愛。

なお、こういう感想はどうしても主観にたよるものです。

なので意見の相違があっても妥協点を探すのが非常に困難ですので、反対意見は受け付けられません。

あくまで個人的な感想としてお読み下さい。





↑いい画像がなかったので原作版のです。

全話見ました。全体的に微妙でした。

「百合回がある」ということで推す人もいましたが、おすすめしません。

「片思いだけど、切なさが描かれない」というのがどうも…。

基本ギャグ作品なので、エロはあっても萌えはないとか、そんなとこでしょうか。






一応全話見ました。これは本当にあんまりでした。

こういう作品が評価されるのは非常に不健全としか言えません。

ひたすら設定が並べられるだけで、他はとってつけたものばかり。

非1話完結なのにエピソードのひとつひとつのつながりが希薄。

戦争のリアリティも皆無で、TVゲームをやってるかのような幼稚さ。

「主人公のセクハラはギャグ」という作者の姿勢自体疑問。

もう問題だらけです。



百合があるということで推す人も見ましたが、おすすめできません。

「百合」という設定のためだけにエピソードをとってつけられても…。

こういったもので喜べるのはアダルトビデオ的な楽しみ方になるんじゃないでしょうか。






全話見ました。おすすめはしません。

ひたすら一定テンポなので、キャラが気に入らなければ悲惨です。

おまけに皆、精神年齢が低すぎるように感じました。

まったくリアリティがありません。


OVA時と比較すると、キャラデザはよくなったと感じました。

特に服装のセンスが大幅に向上されてよかったです。

ただ、OVA時から男女要素が大幅に増えてゲンナリ。

視聴がかなりの苦痛でした。(←なら見るなという話ですけど)




某百合特集雑誌にけっこうなページを使って紹介されたので見ました。

確か2~3話は見ませんでしたが、不明点はありませんでした。

…某百合特集雑誌の本気度がよくわかる内容でした。

シリアス展開の予感を幾度も見せつつ、ひたすらお色気回。

何もかも優遇されまくるサエない男主人公。

終盤まで増え続けるヒロインキャラクター。

もう何が何やら…。




イマイチでした。終わり。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:00TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン