キマったギャグが面白い『ゆりめくる日々』

ゆりめくる日々 (チャンピオンREDコミックス) [コミック] / 海月 れおな (著); 秋田書店 (刊)


百合ギャグとして個人的に最高クラスでした。(というか、百合ギャグを売りにする漫画なんかはどれも…げふんごふんっ)


さてさて、百合レーベルのコミックは随分と増えてきた昨今でありますが、その中のコメディ系の百合漫画というのはどれも「アイドルPV」という範疇にとどまっているように見えますし、そのあたり非常につまらなく感じます。ところが、本書は女の子のかわいさを何が何でも守るスタンスではないように見えました。性経験の話なんかはあまり描いておりませんが、どっちかといえばあけっぴろげな女の子路線でとても愉快でした。

正直何度かわかりにくいページもありましたが、全般的にオチの持って行き方はギャップを最大限に切って上手です。その上どれもこれも百合ネタなのですから、賞賛せずにはいられません。Oh,ブラボー!!


惜しいと言えば惜しいのは、表紙が悲恋ものに見えること…らしいです。(私はこの著者さんが4コマ漫画家として実力者であるという認識が強かったので、そうは思わなかったのですが。)イメージがわかない方はまず無料で読める「羊っ娘 メリーさん」をお試し下さい。


←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 20:27TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン