「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」、劇場で観てきました

yuruyuri_movie_20141129.jpg

『ゆるゆり』は10巻以上読んできましたが、一度も笑ったことがありません。でも後学のために劇場で観てきました。出だしでケンカ売り気味でどうもすみません。


まあわかっちゃいましたが、男性のお客様ばっかりでしたね。「ストライク・ウィッチーズ」(30分のやつの1回目)の時は彼氏と来てるっぽい感じの人見てウギギとかなりましたが、今回は最前列に座ってた男の人の後頭部に砂漠化が始まっていて思わず撮影をしてしまいそうにと………………はい、すみませんでした悪ノリごめんなさい。


とりあえず内容なんですが、原作ネタを拾いつつ(多分)オリジナルストーリーを膨らませていくといった感じで、テレビアニメの「サザエさん」っぽいなあと終始思って観てました。まあこういうやり方はそう珍しくないと思いますけど。


というか、これは一番ビックリしたことなんですけど、他のお客さんの笑うポイントが私と別次元すぎて、それへの戸惑いがひどかったです。


(^q^)「ウォベベベベベッ」


(^q^)「ウォベベベベベッ」


(^q^)「ウォベベベッウォウォッ」





…ってな感じで、って! 笑うならせめてもっと気持ち悪くなく笑ってくだせえ、かんべんしてくだしい!




ざっと見た感じ、平均年齢は必ずしも低いようには見えなかったんですが、まあ~いろんな人がいますねえ世の中。アニメショップめぐりのついでの人もいたらしく、開始前には「ラブライブ!」のBDを取り出して喜んでる人も見かけました。(なにそれ)

書き忘れ。この記事が古くなった時用に書いておきますが、「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」はOVAを劇場で映すタイプの物ですので、正確には劇場アニメではないみたいです。まあどっちでもいいことかもしれませんが。


というわけで、2014年の映画レビューはこれにて多分終了。レンタルビデオで何か別のも観たいとか思いますが、テレビアニメの消化の方が忙しそうです。本当は「思春期ごっこ」という映画も観に行きたかったんですが、スケジュールの都合であきらめました。(これは上映スケジュール自体が本当にひどかった。)


散々見るハメになった「海月姫」の予告編はもうお腹いっぱい。



なんでまた行く先々でこの映画の予告編にエンカウントしたのが謎。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 20:06TrackBack(0)映画

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン