消失の放課後―いなくなった彼女の行方―(いしかわえみ原作、村田真優まんが)

部屋の中を片付けついでの更新です。どうもこんばんは。



なんとビックリ、百合ホラーでした。内容的にあんまり詳しく書くのがためらわれる内容なので触れませんが、「これぞ百合ホラー少女漫画!」っていう感じですんごく良かったです。

ちなみに、これ、amazonで検索入れたら、どこの単行本に入ってるか出てきませんでした。まあどこかに収録されてるんじゃないかと思います。(無責任)



以下、やっぱりもう少しだけ内容に触れての感想。

最初は「ええ~!? あの村田先生とのコラボ~!!!???」っていう感じでしたが、まさかまさかの百合オチでしたね。いしかわ先生だとここまで百合寄りには行かないので村田先生のアレンジなのでしょうか、それとも…と、謎が深まりました。

ネタとしては悲劇的な要素が強いわけですが、百合=耽美とする価値観に非常に近いです。こういう作品は百合漫画でもなかなか読めませんし、ホラーとしてもうまく怪しさを描いてあって、感動的でした。

特に百合が流行ってるわけでも、流行ってた時期もない「りぼん」誌上の作品ですので、その分割り引かねばならない部分はありまして、わかりやすい同性恋愛ものじゃないと許せない人にはまあ合わんだろですが、そうでない人は是非一読をといったところです。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 23:39TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン