アニメ「えとたま」総まとめ感想。…………最高だったやん。百合!

blue moment -
blue moment - MP3

男性主人公のハーレム系かと思いきや、終わってみたらその「タケル」を持て余していた感。他メディアだと扱い違うのかなあ。まあそこまでチェックする気はございませんが。(ごめんなさい)

とはいえ、ネタが多かったり、CGアニメの作り込みが半端無かったり、そこそこ需要がある(と、思う)女の子バトルものであったりと、本当に楽しませるのが上手なアニメという印象でした。少なくとも今季私が見たアニメではぶっちぎり最高峰ですです。



さて、参考資料的にyoutubeの公式動画ちょっと探してみたんですが、これ本当に公式動画なんですかねえ。公式だったらえらい発奮してますな。




あ、でも、この動画もあげてるから公式なんだ。





頭身の低いCGだと「作画作業減らしてるのかな~」と私なんかは思いがちだったんですが、「えとたま」はその逆っぽくて、むしろこの「プリティモード」の動きがものすごく細かくてすごかったです。途中総集編とか、この作画のために入れたんじゃないかっていうぐらいで。





アニメ「えとたま」に関しては、こんな感じで映像的なサービスが充実してる感じで良かったです。


シナリオ的にはギャグが楽しめたものの、シリアスに入っちゃうと微妙かなーっていう感じだったのですが、最後はにゃ~たんの主人公っぽさが上手く描かれてて、よくできてたなという感想。(一方で「タケル」が大いに霞んだ気はしますけど。)

序盤から伏線をはっておいて、最終的に回収してまとめていったのは、客観的に見て見事かなと感じます。

それから、全キャラがそうっていうわけではないんですけど、けっこう百合的な展開が目立って、その点で満足度が120%。

えとたま 伍 [Blu-ray] -
えとたま 伍 [Blu-ray] - ↑モ~たん

モ~たんみたいなキャラはネタ的に消化されて終わりがちなのですけど、好きになったきっかけを描いたり、物語全体の役割が大きかったりと、なかなかの存在感を見せてくれて嬉しかったです。


えとたま 陸 [Blu-ray] -
えとたま 陸 [Blu-ray] - ↑チュウたん

そして、チュウたんは見てて昇天もののツンデレを見せてくれて、「早まって死なずに生きていてよかった!」と、それぐらいの感じでした。一般アニメの枠のなかで、これだけやってくれたのは本当に喜ばしい限りであります。

ヒロインキャラ同士のバトルも終盤はかなりハードで熱いので、そういうのが好きな人にもおすすめ。なんだかんだで死にキャラも生き返るので、物語のハードさとソフトさ両方確保してるのも良かったんじゃないかと思いました。


←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 18:32TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン