百合姫10年キャンペーン半額セールだったのでニコニコ静画『ゆりゆり』買ってみました。

ゆりゆり (百合姫コミックス) -
ゆりゆり (百合姫コミックス) -

ゆりゆり - ニコニコ静画 (電子書籍)


ニコニコ静画の電子書籍、読みづらあああああああ…!!



コメントの「この子好き」とか、そんなのシラネーヨ、というか百合で俺嫁うっざいんだよ!…などとムダにエネルギーを消費してしまいました。こんにちは。

一応コメント非表示機能はあるんですが、そもそもコメント機能表示がデフォ設定という時点で、まあいろいろとお察しと思うサービスであります。

てなわけでweb版は読んでる途中にロードが入るしで最悪だったのですが、ダウンロードタイプらしいスマホアプリ版はこれから試してみようと思うので、そちらに期待です。


『ゆりゆり』に関しては、「がちゆり」っていう評だったので、まあそれなりに期待しては読んでみたのですが、なんていうか、やっぱり「ゆるゆり」が好きな人の「百合」っていうのは随分違う何かなんだなあとしみじみ思いました。

そもそも「ゆるゆり」が好きな人には「百合そのものは別に好きじゃない、純粋に『ゆるゆり』が好きなだけ」という人も見たりするので、これぐらいで「ガチ!」に映るんだなあと感心(?)させられました。


本家である「ゆるゆり」自体そうなのですが(もっと言うと俗にいう「萌え漫画」全体に共通している節がありますけど。)、『ゆりゆり』は登場人物の性格や置かれた状況が描かれているというより、登場人物ひとりひとりにテンプレっぽい性格が“与えられてる”といった感じで、同人出身の漫画家さんがよく叩かれる理由にされるパターンに極めて近く感じました。


←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 11:48TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン