乙女ゲーアニメ「Dance with Devils」の葛葉アズナっていう百合欲を割と満たせたキャラクター

公式アカウントにそのキャラの1ショット画像がかろうじてあったので貼り。



とりあえずこのアニメは割と好きだったので、最初にアニメの感想書いておきます。

・「乙女ゲー原作のアニメか~」と見せかけて、実はアニメ先行だった
・舞台化決定!…って、絶対最初から決まってたんやろ感
・毎回のごとく超展開が起きて笑う
・ミュージカルが中途半端に入るので笑う
・というか、全体的に狙っとるやろ
・ヒーローキャラとのくっつき方が強引すぎるけどゲームのプロモーションと理解できるので本編以外の可能性を十分に感じられる
・そもそもゲームを先に消化するとキャラの優不遇で不満が出そうだからこれでいいかもしれない

というわけで、すっごく良かったというほどでもなかったけど、割と楽しめて良かったぐらいです。話は無能ヒロインがフラフラする話で、この手のアニメとしては見慣れた感がありました。特徴的なのはヒーローがダークヒーロー的な面で、できればこういうの流行ってくれないかなあと思います。


以下、ネタバレ前提。























というわけで、アズナ、ぐさーって感じで殺されちゃったんですけど、すみません超展開でわら…げふんごふん。

いやあの遺体放置は2期でデビルアズナとして復活するフラグと信じてるから…。

そもそもアズナは兄さんとキャラかぶりしてしまった時点で「退場しないと収まりつかないよね」という感が否めませんでした。単なる一般人設定だったら死なずにすんだんだろうなあ。



兄さん面白いのがいけない



とはいえ、アズナの死は、某アニメが露骨なウケ狙いでキャラ殺して確かなフォローがないのと比べると、度々思い返されるのに救いがありますし、最終話のリツカ覚醒にも動機の説得力をもたらしたりと、展開的には納得できました。(最後のナイフは嬉しかったよね。)

アズナは「リツカのことが心配で離れるのも不安!絶対に守ってあげる!」な感じで「もうこれ攻略対象キャラやん」な役割が特徴的だったんですけど、そこはエクソシストとして職務的に守るのか、あくまで大切な友人と守るのかと、その点でアズナがどう思われたいのかも触れられていて、そういった描写も百合的に非常に良かったです。このアニメ本編が割とパラレル前提な感じなので、アズナ百合エンドもあるのかなーという妄想できたりして嬉しかったです。(ただ、ゲーム版には出てこない気もする。出てきてもただの学校の説明役とかで終わりそう)


Dance with Devils 限定版 (【特典】イラストパッケージ・特別小冊子・イラストカード6種セット・限定版ドラマCD「大乱闘! ?一夜限りの温泉旅行! 」 &【早期予約特典】ドラマCD「ようこそアクマの執事喫茶へ」 &【Amazon.co.jp限定】特典ドラマCD「ケガの手当ては愛をこめて」 同梱) -
Dance with Devils 限定版 (【特典】イラストパッケージ・特別小冊子・イラストカード6種セット・限定版ドラマCD「大乱闘! ?一夜限りの温泉旅行! 」 &【早期予約特典】ドラマCD「ようこそアクマの執事喫茶へ」 &【Amazon.co.jp限定】特典ドラマCD「ケガの手当ては愛をこめて」 同梱) -

検索したら、もうAmazonにゲーム版登録してあったんですね。Vitaで紙芝居ゲーっぽいから、どうも躊躇してしまう。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 15:30TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン