映画「バウンド」感想レビュー

バウンド [DVD] -
バウンド [DVD] -



twitterで見かけたので、なんとな~くDMMで借りて見ました。冬のキャンペーン中だったし。1996年の映画でけっこう古い。

とりあえず結論述べると、あんまり面白くはなかったです。映像的にはうまく仕上げてあるなあ~思ったんですけど。

レズビアンが主体といえば主体なんですけど、マフィアの男の人たちのやりとりがだいたいで、個人的には「単にレズビアンが出てくる映画」という感じでした。

脚本はところどころ都合のいいアンバイで、そういう都合のよさはまあいいと思うのですが、都合いいならもうちょっと勢い欲しかったかな…。

レズビアンラブシーンは、いかにも「アメリカ~」な感じのLOVE&SEX。映画は最終的にハッピーエンドな感じで締められるんですが、前半のラブシーンだけではそこまでの過程に説得力が欠けてるかな。百合レーベルが付いてるなら素直に楽しめそうとは思いました。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 18:54TrackBack(0)映画

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン