劇場版「selector destructed WIXOSS」感想レビュー



尊い!尊い!絶対観るべき!


…と、猛烈プッシュしたいぐらい良かった(最後ちょっと泣いたし。)のですが、2クールを1本にまとめてるので、テレビアニメ版未視聴だとよくわからないかもしれません。

欲張ってあれもこれもと入れずに、バッサリ取り除いたところは良かったと思いますが、新規シーンの多さを考えると、完全新作のほうが良かったかなあと思ったりします。(まあそこまでやれるような人気アニメじゃないので、難しい話ですけど。)

確か事前に「新訳版」みたいな話を見ていたのですが、どっちかというと「テレビアニメ版では描けなかった設定を描いてみました」といった印象。

(冒頭だけの描写にとどまり意外でしたが、)るう子が母と別居しているのは母自身が夫との不仲により子どもを疎ましく思っていたようで、この点はテレビアニメ版だけだともう少し曖昧かなとは感じます。

本作で特徴的だったのは、ウリスに焦点を当てているところで、テレビアニメ版だとこのキャラの扱いがやや不足なような気もしたので、この劇場版はその補完的な物みたいです。


とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) -
とある魔術の禁書目録(インデックス)II 一方通行 (アクセラレータ) (1/8スケール PVC製塗装済み完成品) -

ウリス、顔が一方通行になってたなあ。製作会社同じだからなのか何なのか。



劇場版はラストがやや違うみたいな話も見たのですが、違うというかラストにしても補完的という感じでした。どちらかと言えば、良い補完っていう感じでしたけど。

一応本作はタカラトミーという会社のカードゲームの宣伝アニメだったりもするので(公式の情報を見てると、アニメ本編よりもカードとかを売りたそうな感じがひしひしと伝わってくる。)、皆仲良くラブ&ピースなまとめ方でいいんじゃないでしょうか。


「伝説巨神イデオン」劇場版 Blu-ray(接触篇、発動篇) -

(現)タカラトミー企画のイデオンなんて明らかにおもちゃ売る企画だったのに、イデ発動してたし、アニメWIXOSSが宣伝になってないとかノンノン。






ラストといえば、ウリスのところが泣かせましたねえ。完全に愛を超えた愛でしょ、最高すぎるでしょ…。尊いわあ…。主役組を食う勢いだったけど。

そもそも、タマのラストの登場に理由説明無かったのが画竜点睛を欠いたのやもしれません。ウリスの相手には先に自殺未遂で入院のシーン映して、計画的に説明してるんですけどね。

ぶっちゃけた話、自殺未遂からあの状態で1年経過とか、もう助からない気がしますね…。どうなんですかね…。よく「○○ちゃんが○年ぶりに目覚めた!」という古典的なのがありますけど、実際には…。




【まとめ】

というわけで、テレビアニメ版の補完という前提で120点。書き忘れましたが、音響も良かったです。

ネガティブポイントとして、テレビアニメ版未視聴だとさすがにつらいかな~と思います。そこが残念といえば残念でありました。了。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:24TrackBack(0)映画

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン