TVアニメ「ツインエンジェルBREAK」感想



どうもツインエンジェルシリーズはWikipediaを見る限り、別メディア版と各々独立した平行世界展開ではないそうで、アニメ版単独の評価は無理があるかもしれませんが、そのあたりはご容赦ください。

ちなみに前のTVアニメ版ツインエンジェルは視聴しましたが、はっきり言ってそっちはKUSOでした。BREAKはその前回のTVアニメ版であった設定や展開をリピートしているようですが、まあBREAKが気に入ったからと言って新たに見る程ではないと思います。

(というか、監督・脚本と主だったスタッフに変更がないのに、なんでこれだけ違うのだろう…。)


さてさて、本項ではTVアニメ「ツインエンジェルBREAK」の話となりますが、百合的には△と(泣く泣く)せざるをえない部分もありますが、2人の友情を丁寧に描くという点や、ヒーローアニメものとしても、大いに好評価できる内容でした。

あまりアニメ単体で収益をあげる気がないのか、第1話を初めとした前半部分の出来による、つかみの悪さという問題点もありますが、ヒーローとしての葛藤から、友情による打破を描く中盤以降は本当に熱くて良かったと思います。



本作で何よりよかったのは「とりあえずそういう設定だから仲良くさせとけ」という印象が薄く、中盤で2人がすれ違ってしまうのが生々しかった点で、昨今の百合漫画も見習って欲しいなあと、ついつい思ってしまったのでありました。ゲフンゴフンっ。


←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 01:02TrackBack(0)百合日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451483712
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン