けものフレンズ(アニメ版)



作品そのものについて

こういう低予算アニメに関しては応援していきたいなあ思うので見ていたのですが、なんだかえらいことになりましたねハイ。

このアニメを「一見、明るい楽しいアニメ」等のように評する人をよく見るのですが、この視点は「○○が得意なフレンズなんだね」等といった二次創作から広まった偏見であり、事実とは異なります。

そもそも本作の第1話は、セルリアンと呼ばれる天敵の脅威の説明が中心で、「やられるか、先にやるか」というサバイバルアクションが繰り広げられ、事前にほのぼのアニメのイメージを持たずに見ると「ええ~、この作画でこのノリが続くの~」とゲンナリすること間違い無しです。

コンセプトを担当した先生のコメントからも察することができるように、いわゆる「日常アニメ」が台頭する前にいくつも創られた、多くの設定をサラリと流しつつ進行するタイプのアニメ…という感想が、アニメを見慣れた人が往々にして抱くものであると思われます。

ただ、アニメ制作側の考えなのかどうかはわかりませんが、「癒し系のアニメをやりたい」といったような意向もあったようで、2話目以降は教育テレビ(最近は「Eテレ」と呼ぶようですが。)のような、やたら児童向けアニメのノリが顕著となり、その点が人を集めました。

よくよく考えると、アニメを見る層は日曜日のキッズ向けアニメも見る人が多いわけで、このアニメのノリがウケるのも不思議がありませんし、そもそも深夜アニメ業界はティーン層以上を年齢だけで過剰に意識してしまったのやもしれません。


そういったわけで、これから見る人は2話目以降から視聴して、気になったところで第1話見ると良い気がします。まあ面白かったです。




百合について

元々ソシャゲビジネスということで登場キャラクターは多いですが、男性の登場は無いものの百合としては全体的には要妄想程度。

「このキャラとこのキャラ、良い感じだなー」というのはちょくちょくありますが、積極的に推せる程ではありませんでした。

ただ、メインヒロイン格の“サーバル”は主人公(?)の“かばん”に対し、何かしら特別な感情を抱いており、終盤付近で特に意味深な言動が描かれました。

一体メイン2人の関係は何なのか、間違いなく大きな意味を持たせているのが明確なのですけれども、他の設定の謎と同様に具体的には説明されませんでした。

このあたりは作品世界の謎のひとつとして大いに気になる部分であります。一応、何かしらの続編は予告しているようですので、続きに期待です。






なんだっていいけど、最後が「ヴァルキリードライヴマーメイド」とそっくりだったヨネ。


TVアニメ「 VALKYRIE DRIVE - MERMAID -」エンディングテーマ「 スーパーウルトラハイパーミラクルロマンチック 」 - ARRAY(0xdd279b8)

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 23:19TrackBack(0)百合日記

この記事へのトラックバック



最近の記事

カテゴリ

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン