「百合の受け攻め問題」「BLとの比較」なんかで、百合初心者さん向けQ&A

試行錯誤中の記事。基本的に自信はないので、何かしら修正する予定です。

school_class_woman_aseru.png
(画像:いらすとやさん)


「相互理解して皆仲良く」をモットーにした解説集。「百合用語集」と比べて必須要素は薄くなりますが、まあ“百合を楽しむためのガイドブック”程度にお楽しみください。


【Q】
百合は何故、BLと比べて攻め受けへのこだわりが見られないのですか?

【A】
これはいくつか考えられます。

・男性向けジャンル出身の人だと、「キャラクター×キャラクター」というカップリング(以後「カプ」と表記)文化を知る機会が希少なので、カプ名でも単にコンビ名程度にしかイメージできない人が多い。

・BLは「攻め=男役」「受け=女役」という意味付けが強いのに対して、百合にはそういう意味付けをしようとする人が少ない。女性キャラクターにリード専門役を与えるという発想を持ってる人が少ない。

・供給量そのものが少ないので、カプの概念がクチャクチャなことに内心不満な人も、こだわってる余裕がない。



【Q】
BLは何故、百合に比べていちいち攻め受けにうるさいんですか?

【A】
一言にBLが好きな理由も人それぞれですが、基本的にBLへ求められているのは、ゲイ男性がスカッとするような物語ではなく、乙女チックなヒーロー&ヒロイン的な物語だからじゃないかと思います。

そもそも論として、BL文化の源流として「男性同士という形を用いた、女性自身の恋愛に対する思いの昇華」という側面があったりもするので、男性の感性では図りきれないところがあるのかもしれません。

また、攻め受けにこだわるのはBLだけではなく、男女カプでも「○○は受け固定!」と主張する人もおりますので、どちらかと言えばBLだけでそう言われるのではなく、女子文化の特徴であると述べたほうが正確なのかもしれません。

ちなみに、男性オタは気軽に「○○は俺の嫁」(“嫁”は一時期ほど言われなくなりましたが。)といったことを言いますが、女性オタだと非BLジャンルでも「夢女子」等名乗って「私はこのキャラに対してカプ的には見てません」と宣言する手続きが、ムード的に必要と感じてしまう人もいたりします。



【Q】
BLの盛り上がりに対して、百合はまだまだなので寂しいです。

【A】
そうですか? 私の主観だと、非アダルト商業に関して言えば、百合の供給のほうが多く感じますけど…。

百合展みたいな百合漫画のグッズ販売イベントとか、BLじゃあまり想像できませんし。『レズ風俗』の男版が発表されても、あまり話題になりそうな気がしませんし。

まあ隣の芝生は青く見えるっていうやつですよ、はい。二次創作の充実度はBLのほうが確かにものすごく上ではありますが。(あ、そこなのか。というか、上で「供給が少ない」って書いてました




【Q】
百合は男性向けなんですか?女性向けなんですか?

【A】
「わかりません諸説あります」…というのがテンプレ的な回答ですが、その曖昧さを生み出しているのが、主に男性によって構成される“特に百合は好きではないけど、美少女ものが好きだから買ってる”という購買層がかなりいることです。

『ゆるゆり』は特にその傾向が顕著で、「百合は別に好きじゃない、純粋に『ゆるゆり』が好きなだけ」と述べる「ゆるゆり」ファンの人を見たりします。

百合オンリー同人誌即売会の参加男女比による考察もありますが、他の大きめの同人誌即売会が同日に開催されると、従来は多かった男性一般参加者が目に見えて減ってしまった事例もあり、尺度としては有能と言い難い面もあります。

仮に百合をエスの延長とするのであれば、元々女性向けジャンルだったものに、男性が参入してきたもの…と、考えられるかもしれません。そのあたりは、この別記事も参考にしてみてください。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 21:20TrackBack(0)Read me first

アニメ「フリップフラッパーズ」感想





正直私は面白くなかったです。ニコ生の一挙放送で見ましたが、1週間ごとに1話ずつ視聴してたら途中で見なくなってると思います。

…と、いきなりド直球にドきついことを書いてしまいました。

本当は問題点を感じたらそれを書くのが誠実だと思います。ですが、作品の感想で少しでも批判的なことを書くと、まるで我が子をいじめられたかのように怒り出す人が出てくるので、「こりゃどうしようもないな」と感じた時はなるべく触れないようにしております。(まあそういう配慮を抑えられない時もあったりしますが。)

とはいえ、本作は百合を意識してる節も感じられるのであえて触れてみます。

とりあえず、本作のストーリーをアウトライン的に語ると壮大で硬派な百合でした。しかしながら、「何か百合なアニメない?」って訊かれた時に、絶対にこのアニメを挙げることはないでしょう。(そもそも、アニメの売れ線からはずれまくっているので、特に萌え豚やってる人は薦めてもなかなか見ないと思われます。)

まずオマージュが過剰。そういうのが楽しいのはわかりますが、見てる側が楽しめるオマージュかと言われると微妙。終盤のシリアスな雰囲気壊してまでやるべきだったのか疑問でした。とにかく全体的に制作側が楽しみすぎてて、“ファンフィルター”がないと視聴がつらいです。

それから終盤の展開がベタ。ベタな展開自体は楽しみやすい手法だとは思いますが、独特の世界観からありきたりの展開だとどうも物語に入り込めない。そして最後が、ひところ昔の「よくわからないエンド」であるのは、果たして今許される時代なのかどうか。

最も疑問に感じたのが、メイン2人のつながりが「一緒に冒険をしたい」というところで、パピカはともかくココナは冒険を楽しんでたのかどうか感覚的に伝わってきませんでした。どうもストーリーコンセプトとメインテーマが噛み合っていないというかなんというか。


というわけで、何かとどっちつかずの印象でした。ニコニコ動画で第1話が無料配信みたいですので、まあ気になる方はどうぞ。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:23TrackBack(0)百合日記

「花笑みにくちづけを」プレイ日記のコーナー(随時更新)

hanaemini_kuchizukewo_20170121.png
ようやく1つのBADエンドに到達したので、プレイ日記のコーナーを開設いたしました。とりあえず海永万尋BADクリア。

まずどういったキャラかを把握したいので、ほとんど何も考えずにちまちまやったら普通にBADでした。「“フラグ”をたてきれませんでした」で終わり。

他のヒロインキャラクターの介入がまったくといってなかったので触れたキャラはまひろだけでしたが、何より印象に残ったのは主人公のほうという妙な結果に。なんか積極的な面がよく目に入ってきて「彼女、既に何人か食っているのでは…?」という気分に。

というわけで、次の攻略対象は響谷カオルにしました。どうなるのか期待です。

とりあえず物語の方向性としては、重たい恋愛観ですね。最近の百合作品には男性向けのライトな恋愛観が非常に多いという個人的な印象ですので、原点回帰な気分でもあります。


2017年1月28日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170127-1.pnghanaemini_kuchizukewo_20170127-2.png

すごろくイベントやってました。「アバターメインのサービスで、これぐらいのがあったなあ」と思い出しながら、ちまちまやってます。

ただ、アイテム所有枠に関してはかなりキツキツの要課金なので、ちびキャラ出て来るのを楽しんでるだけという状態だったりします。



2017年1月30日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170130.png

バレンタインデーイベント開始。ここに来て友チョコなのがよくわかりませんが、用意されたストーリーはまだエンディングまで到達していない、序盤終了後程度のようです。

それにしても、節分、バレンタインデーと、だんだんイベントが盛んになってきたような。何でも「ソシャゲは半年分まず用意してからサービス開始する」とか、そういう話を見たことがありますが、ヘビーユーザーがやることなくなってきた時期から集中させてるのかなと思ったり。



2017年2月3日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170203.jpg

節分フェスティバル、終わり。…って、人いないがな(・。・;



2017年2月19日追記。



バレンタインシナリオの回収を失敗しました。(締め切り日忘れてた。)悲しい…。




響谷カオルシナリオも終盤。水族館から急速にバブってきたんですがそれは。



2017年3月5日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170226.jpg

ひなまつりイベント…。相変わらず特に何もとれず終わってしまうという。

hanaemini_kuchizukewo_20170225.jpg


てなわけで、響谷カオルシナリオはバッドエンドにて終了。おばさんがレイプされてるシーンで笑っちゃったヨ。

それにしても、随分ヘラっちゃったなー、カオル。次の分次第では、全キャラ中最もヘラったヒロインになってしまうやもしれない。

予定通り、カオルシナリオのバッドエンド回収が終わったので、次は桜城寺恵望シナリオに移行です。

…読めない。「おうじょうじ めぐむ」なのか…。



2017年3月14日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170313-1.jpg

ここまで来て気がついたのですが、万尋シナリオってチヅ&ミーコの出番が最も少ないんですな。


hanaemini_kuchizukewo_20170313-2.jpg

というか、なんやこの設定!脇なのに盛りすぎ!


hanaemini_kuchizukewo_20170313-4.jpg

なんか出てきたぞ。


hanaemini_kuchizukewo_20170313-3.jpg

まーた顔の指定間違えてる。ゾンビにゃんこちゃんは可愛い。



2017年3月24日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170324.jpg

終了したまま追加されないイベント!トップページから消えたシナリオ追加告知!覆し難い敗戦の足音!

どのキャラもシナリオ進める内に愛着わいてきたんですけどねえー…。



2017年3月30日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170330-1.jpg

なんかこの背景、他と比べて妙にクオリティ低いですね。


hanaemini_kuchizukewo_20170330-2.jpg

あまり考えずとっていた選択肢ですが、なんとメリバ分はクリアしておりました。サービス続行が怪しくなってきたので、今回はメリバを選択です。一体どうなってしまうのか。



2017年4月8日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170408.jpg

というわけで、初のメリーバッドエンドでしたが、意外とあっさりだったなあ。途中のレイプ展開のが衝撃的な気がする。

それよか、4月になったというのに、ひな祭りイベントまで片付けずに放置とは何事なんですかね。たっくもぅ。

運営会社のサイト見たら、もう全部止まったまんまだし、会社そのものが…うっ!それ以上はいけない!

まあキャラは気に入ってるんですけどね、このままサービス終了は悲しいんですな。

次回からまひろんに戻ります。



2017年5月22日追記。

まったく更新が無くなってもう何日経つのか…。運営会社に電話したら既に消えてたりしているのかと…。(←やめなさい)


万尋シナリオですが、エンディング分岐に到達しました。

hanaemini_kuchizukewo_2017052-1.jpg

って、またバッドエンドかー! 

よくわからないけど貯まってたアイテムがあったので消費することにしました。

hanaemini_kuchizukewo_2017052-2.jpg

hanaemini_kuchizukewo_2017052-3.jpg


というわけで、ハッピーエンド到達のようです。



なお、女子力チェックに阻まれて、一旦頓挫です。

hanaemini_kuchizukewo_2017052-4.jpg




2017年6月4日追記。

hanaemini_kuchizukewo_20170603-1.jpg

いったーん!





hanaemini_kuchizukewo_20170603-2.jpg

Happy End ☆彡


hanaemini_kuchizukewo_20170603-1.jpg

というわけで、万尋ハッピーエンド到達しましたー!わーい!


とはいえ、ゲージマックスはさすがに無理だったので、本当はもっと何かあったらしかったものの、そこはわからずじまいでした。課金ゲームの世界は厳しい。


まあハッピーエンドがおそらくトゥルーシナリオなんじゃないかなあと思うわけですが、その内容の感想としては、男女ものをそのまま安易に女性変換したものではなく、同性が故に踏み込めない部分は踏み込めないのをうまく表現してあったかなと思います。

今やろくに更新もなく、不満タラタラでこの先何やればええねんと、もやもやしてしまうこの頃ですが、シナリオそのものは満足できてよかったです。

「同性が故に踏み込めない」というあらすじではあったんですが、かといって特に同性愛自体に否定的な描写があったわけでもなかったので、そういう面でもよかったと感じます。




さて、今後。さすがにモチベーションが下がってますが(更新ないし!)、万尋のメリーでも目指そうかなあと。恵望シナリオから判断するに、そう大きな変化になりそうな気もしませんが。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:07TrackBack(0)百合日記

アニメ「ブレイブウィッチーズ」感想



評価?

…低めの低め低めです。



というわけで、人気シリーズ「ストライクウィッチーズ」の続編にあたるアニメでした。(多分)

「ストライクウィッチーズ」はあくまでエキスパートを集めた感じでしたが、本作は主人公の成長ものといった感じ。スポ根のノリで、努力・友情・勝利といった調子が特徴でした。

ただ、本当に部活動のノリで、「ここは軍隊じゃないのか」と思うことが、ほぼ毎回。展開も毎回雑気味。

まあそのあたりは「ストライクウィッチーズ」のアニメシリーズだってそうだったので、今更ツッコむのも無粋ではあります。

が、それに加えて本作はCG作画がしょぼい…。元々そういうアニメだったならまだしも、シリーズ新作で作画の質が落ちるのはさすがにちょっと。

「どうせKADOKAWAのことだから余裕ぶってまた予算削ったんじゃないの~?」と思わずにはいられない。この点は散々指摘されてることですけどね。


とはいえ、総括して物語としては、これまでの「ストライクウィッチーズ」アニメシリーズよりも筋道だってるかなとは思いました。ホモソーシャル的な要素のが好きな人にはいいかもしれません。


最後に余談ですが、管野直枝役の村川梨衣の演技がすごい!

ブレイブウィッチーズ 手帳型スマートフォンケース 管野直枝 -
ブレイブウィッチーズ 手帳型スマートフォンケース 管野直枝 -
(↑このキャラ)

本人はこんななのに。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 00:33TrackBack(0)百合日記

「二人きりの時間アズナ編」聴きました

Dance_with_Devils_EverSweet_animate_20161222.jpeg

というわけで、聴いてしまいましたー。

この以下のCDをアニメイトで購入するとついてくる特典CDです。まだ手に入るかはわかりません。
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.1 レム CV.斉藤壮馬 - 鉤貫レム(CV.斉藤壮馬)
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.1 レム CV.斉藤壮馬 - 鉤貫レム(CV.斉藤壮馬)
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.2 ウリエ CV.近藤 隆 - 楚神ウリエ(CV.近藤 隆)
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.2 ウリエ CV.近藤 隆 - 楚神ウリエ(CV.近藤 隆)
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.3 リンド CV.羽多野 渉 - 立華リンド(CV.羽多野 渉)
アクマに囁かれ魅了されるCD 「Dance with Devils -EverSweet- 」 Vol.3 リンド CV.羽多野 渉 - 立華リンド(CV.羽多野 渉)

もちろん聴いていないわけではありませんが、ブログの主旨に反するのでこちらの感想は割愛。



というわけで、「葛葉アズナ」編。簡単な内容紹介。

・作品時間としてはだいたい9分ぐらい
・登場人物1名で、完全に聴き手に語りかけるのみのドラマCD(他と共通)
・主人公名は一切呼ばない(他と共通)
・アズナがお泊りし、就寝前の夜を描くシナリオ
・アズナが「好きな人はいるの?」と質問し、主人公は気になってる人がいるという設定


と、そんなところ。

特に特徴的と思われるのが、これまでのCDの内容では「既に事件は一段落し、恋人関係になっている」という状況に対し、アズナ編ではまだアズナは正体を明かしていない、物語の途中時点を思わせるような描写でした。

とりあえず主人公に気になってる人がいる前提の話なので、そこまでの期待はなかったものの少なからず寂しさはあったのですが、オチとしてはアズナの切なさにフォーカスをあてている内容で、とっても感動しました。これはちょっと反則じゃありませんかと、涙なしでは聴いていられない。

主だった内容としては、就寝前のキャッキャですが、臨場感のある音声作品で、「ああ~~いいなあこういうの~~~~」となりました。こうやって楽しんだら最高だろうなあ~。

いや、本当、あうあうあぁぁっと、脳内に恍惚感が。
paaaaaaaa20161222.png

メインヒーロー組CDのチュッチュ系も良いのですが、こういうのも素直に大好きです。


というわけで、時間的には非常に短いものの、満足度は極めて高いものでした。乙女ゲーコンテンツでこれだけのものを提供してくれてどうもありがとうございました。

←この記事が良かったら押してください(アンケ用・コメント受け付け無し)




posted by おとなり at 21:16TrackBack(0)百合日記




おとなりの腐った百合日記は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを
目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。


検索対策用:百合 レズビアン